英語の発音・イントネーション:

ホーム > 摩擦音 /s/: June 2008

Sea or She? /s/-/ʃ/

/s/は舌の先と上の歯茎(裏側)のすきまを空気が通る音です。日本語の「サスセソ」とほとんど同じですが、はっきり聞こえるように発音します。
/ʃ/は日本語の「シャシュショ」の音に似ています。/s/と同じく摩擦音ですが、舌は/s/より後ろの方を使います。くちびるを少し丸めるとより英語らしい音に近づきます。

09 Jun 2008 20:32 (GMT+9) | | トラックバック(0)

Thick or Sick? /θ/-/s/

/θ/は上と下の歯の間に舌先をちょこっと(たくさん出すと発音しにくいので)はさみます。肺からの空気を上の歯と舌のわずかなすきまに送ります。ぴったりくっつけすぎると空気が通らないので軽くさわる程度にしましょう。
/s/は舌の先と上の歯茎(裏側)のすきまを空気が通る音です。日本語の「サスセソ」とほとんど同じですが、はっきり聞こえるように発音します。
/θ/も/s/もせまい場所を空気がしばらく通り抜ける「摩擦音」ですが、通る場所に違いがあります。
余談ですが、最近/θ/の発音を/f/におきかえて発音する人たちが増えてきました。つまり'three'も'free'も区別せず/friː/と発音するわけです。昔はイギリスでは労働者階級の下品な発音として見られていたのですが、最近は教育のあるなしに関わらず/θ/を/f/で代用する人がめずらしくありません。

09 Jun 2008 18:42 (GMT+9) | | トラックバック(0)

Sip or Zip? /s/-/z/

/s/は舌の先と上の歯茎(裏側)のすきまを空気が通る音です。声帯は振動しません(声は出さない)。日本語の「サスセソ」とほとんど同じですが、はっきり聞こえるように発音します。/s/の後ろに/i/や/ɪ/が来る単語の場合は「シ」とならないように気をつけましょう。カタカナで表すとしたら「スィ」でしょうか。
/z/も同じ方法で音を出しますが、声帯が振動する(声を出す)ことに大きな違いがあります。舌先が/s/と同じようにどこにもつかないように気をつけましょう。

08 Jun 2008 18:19 (GMT+9) | | トラックバック(0)

  • 1

Categories

Open all | Close all

新着情報

Entry Tag