英語の発音・イントネーション:

ホーム > 子音の違い: June 2008

Eighty [t]-[t̬]

eightyの't'など母音と母音にはさまれた't'は、イギリスでははっきりと破裂させるのが普通です。
アメリカでは/t/を/d/のように声帯を振動させて(声を出す)発音します。発音記号では[t̬]と表します。tの下に「声帯が振動しますよ」という意味のマークがつきます。響きは日本語の「ラ行」に似ていて軽く舌先で口の中の天井をはじく音です。

10 Jun 2008 13:30 (GMT+9) | | トラックバック(0)

New /j/

newは、イギリスでは日本語の「乳(にゅう)」とほとんど同じように発音されます。「ニイウ」の「イ」をやたら高速に発音すると/j/の音になります。
アメリカでは/j/を取って発音します。日本語の「縫う(ぬう)」に近い音です。
ただしイギリスでは最近'tune'を/tjuːn/ではなく/ʧuːn/と発音する人が特に若い人を中心に増えています。同じように'due'/djuː/は'Jew'/ʤuː/と同じ発音になったりします。
←のイギリス発音の文では'tube'を/tjuːb/ではなく/ʧuːb/と発音しています。

10 Jun 2008 12:43 (GMT+9) | | トラックバック(0)

  • 1

Categories

Open all | Close all

新着情報

Entry Tag